向日葵染ひまわりぞめ

Sunflower dye

和名ヒマワリ(向日葵)
別名日輪草 日車 向日葵(ひゅうがあおい)
英名Sunflower
学名Helianthus annuus
科名属名キク科ヒマワリ属
分布原産地アメリカ 
品種ゴッホの向日葵、モネの向日葵、コング、イタリアンホワイト、サンゴールド、ソリータ、ひめ向日葵 など 多品種
特徴一年草 葉/ハート形,互生, 鋸歯 花/黄色,茎先に花径20~30cmほどの頭花
染色部位
染色時期

ヒマワリの特徴

キク科の一年草で、3mほどに成長する。夏から秋にかけて花を咲かせる。花は頭状花序と呼ばれる構造で、小さな花が集まって一つの花の形を形成している。

向日葵染めについて

草木染め方法

媒染法を用いて染色をする。



ステンレス製の鍋にヒマワリを葉と茎ごと10cmほどにカットしたものと少量の石灰、水と煮煎する。アルミ媒染で黄色、鉄媒染でカーキ、チタン媒染でオレンジ色が染まる。

120分ほどしたら布で濾しさらに3~4回程煎液を抽出する。
植物繊維を染める際は豆汁などで下染めをする。先媒染法によるアルミ媒染の後に、染色を何度も繰り返し染め上げていく。アルミ媒染で黄色、銅媒染で若竹色、鉄媒染で老竹色を染められる。

蓬染めの媒染による色の違い

淡黄たんこう
葉、茎 / アルミ媒染(Al)
C00,M12,Y60,K08
R234,G205,B093
萱草色かんぞういろ
葉、茎 / チタン媒染(Ti)
C00,M18,Y52,K08
R234,G191,B113
朽葉色くちばいろ
葉、茎 / 鉄媒染(Fe)
C00,M08,Y34,K54
R117,G108,B77
蓬色よもぎいろ
葉、茎 / 銅媒染(Cu)
C00,M02,Y53,K64
R092,G090,B043

arrow