桑染くわぞめ

Mulberry dye

和名クワ(蓬)
別名山桑(ヤマグワ) 縞桑(しまぐわ)
英名Mulberry
学名Morus bombycis
科名属名クワ科クワ属
分布北海道~九州 南樺太 朝鮮 中国 ベトナム ビルマ ヒマラヤ
品種山桑(Morus australis)真桑(Morus alba)ログワ(Morus latifolia Poir)など 多品種
特徴落葉高木 葉/薄い,黄緑色,縁に鋸歯,切葉もしくは丸葉 果実/細長いキイチゴに似ている 赤→赤黒 雌雄異株のものと同株のものがある
染色部位
染色時期

クワの特徴

桑染めについて

草木染め方法

媒染法を用いて染色をする。
ステンレス製の鍋に細かく刻んだ桑の幹材と水をいれ煮煎する。
60分ほどしたら布で濾しさらに3~4回程煎液を抽出する。
植物繊維を染める際は豆汁などで下染めをする。先媒染法によるアルミ媒染の後に、染色を何度も繰り返し染め上げていく。

桑染めの媒染による色の違い

いろ
/ アルミ媒染(Al)
C00,M18,Y76,K03
R247,G203,B59
いろ
/ アルミ媒染(Al)
C00,M13,Y57,K58
R245,G212,B105
いろ
/ アルミ媒染(Al)
C00,M06,Y31,K21
R201,G189,B139
桑茶色くわちゃいろ
幹材 / アルミ媒染(Al)
C00,M10,Y52,K53
R120,G108,B58

arrow