紅花染べにばなぞめ

safflower dye

和名ベニバナ(紅花)
別名呉の藍(くれのあい) 末摘花(すえつむはな) カルタムス 紅花(こうか)
英名Safflower
学名Carthamus tinctorius
科名属名キク科ベニバナ属
分布海外:砂漠などの乾燥帯、中央アジア、アフリカ 日本:東日本(山形県最上地区、埼玉県など)
品種最上紅花(もがみべにばな、剣葉種) カルタムス 中国紅花 菜種紅花(菜種油用)
特徴一年草または冬型一年草 花/頭状花 葉/剣葉、丸葉
染色部位花弁
染色時期球果の採取:6月下旬~7月 染色:通年

紅花の特徴

エチオピアが原産といわれる紅花は6世紀ごろに日本に伝来しました。花弁には黄色色素サフラワーイエローと紅色色素カルタミンを有し、黄色から紅色まで染めることができます。紅色色素はわずか1%ほどしか含まれていないため、紅花染で染められた紅(くれない)はとても高価なもので限られた人しか着ることができませんでした。

紅花染について

紅花染の色素

茜の根に含まれる紅色色素前駆体の〔アリザリン〕は無色だが、酸化すると赤色のキノメタン型の〔ブラジレイン C16H12O5〕に変化する。より酸化が進むほど赤が濃くなるとされ、日光をの下で染色をするとより濃く染まる。これは光酸化と脱水素酸化の相乗効果で、酸化がより進むためである。酸性にすると赤味がかった色合い、アルカリ性で青みがかった色合いになる。残念ながら蘇芳で染められた色は退光堅牢度は低く、色褪せしやすい色として古くから認識されている。

紅花染めの方法

黄色の染色と紅色の染色とでは方法が異なる。
紅色の染色では被染物が植物繊維、動物繊維である場合では工程が異なる。
<紅色の染色方法>

<黄色の染色方法>
媒染法を用いて染色する。

紅花染の色の違い

くれない
乾燥花 / アルミ媒染(Al)
C,M,Y,K
R,G,B
韓紅からくれない
乾燥花 / アルミ媒染(Al)
C,M,Y,K
R,G,B
黄色きいろ
乾燥花 / アルミ媒染(Cu)
C,M,Y,K
R,G,B
藤煤竹ふじすすたけ
乾燥花 / アルミ媒染染(Fe)
C,M,Y,K
R,G,B

arrow