臭木染くさぎぞめ

Harlequin glorybower dye

臭木染め
和名クサギ(臭木)
別名臭梧桐(くさぎ) 常山(じょうざん) 臭桐(くさぎり)
英名Harlequin glorybower
学名Clerodendron tricbotomun
科名属名シソ科クサギ属
分布日本全国、朝鮮、中国、台湾、の低山や路傍など様々な場所
品種八重咲きクサギ
特徴枝葉/悪臭 花/白色
染色部位
染色時期

臭木の特徴

臭木染めについて

夏に独特の赤い花弁と白い花が咲き、秋になると青い実をつけます。この実を一つ一つ摘みとって染料にします。青色を染める珍しい植物のひとつで、「青曝し」と呼ぶ下染めにも使われました。高血圧に効果があると云われています。

草木染め方法

媒染法を用いて染色をする。
ステンレス製の鍋に潰した臭木の実と水を入れ、染料液を煮出す。
15分ほどしたら布で濾しさらに3~4回程煎液を抽出する。
植物繊維を染める際は豆汁などで下染めをする。先媒染法によるアルミ媒染の後に、染色を何度も繰り返し染め上げていく。

臭木染めの色合い

いろ
小枝、蕾 / アルミ媒染(Al)
C00,M27,Y27,K0
R255,G178,B178
いろ
樹皮 / アルミ媒染(Al)
C00,M17,Y34,K00
R255,G211,B168
いろ
芯材 / アルミ媒染(Al)
C00,M08,Y44,K03
R248,G229,B140
いろ
芯材 / 鉄媒染(Fe)
C00,M00,Y03,K13
R221,G220,B214

草木染めの色辞典

arrow