蓬染よもぎぞめ

Japanese mugwort dye

蓬染め ヨモギ染め
和名ヨモギ(蓬)
別名艾(よもぎ)餅草(モチグサ)
英名Japanese mugwort
学名Artemisia indica var. maximowiczii syn.Artemisia princeps
科名属名キク科ヨモギ属
分布本州から九州にかけての温帯から暖帯
品種カズザキヨモギ ヒメヨモギ オトコヨモギ ミヤマオトコヨモギ ヒトツバヨモギ(ヤナギヨモギ)
特徴多年草 葉/互生,楕円形で2回羽状に裂ける,裏面:白い毛 花/淡褐色,複総状花序 独特の香り
染色部位生葉 茎 / 乾燥葉
染色時期4月~5月上旬頃 高さが50-90cmほどになったほうが良い

ヨモギの特徴

桜染め 御衣黄 桜
ダミー写真、文章。

蓬染めについて

日本の山野で採れる多年草。薬草や、草餅にも使われる。4月-5月半ばまでとることが出来る。北海道を除く日本全国で採取することが出来る多年草。季節によって色合いの変化が大きく、春の新緑で染めることできれいな萌黄色になる。5月頃になると若竹色になる。
桜染め 方法 抽出
ダミー写真、文章。

草木染め方法

媒染法を用いて染色をする。
ステンレス製の鍋にヨモギを葉と茎ごと10cmほどにカットしたものと少量の石灰、水と煮煎する。
120分ほどしたら布で濾しさらに3~4回程煎液を抽出する。
植物繊維を染める際は豆汁などで下染めをする。先媒染法によるアルミ媒染の後に、染色を何度も繰り返し染め上げていく。アルミ媒染で黄色、銅媒染で若竹色、鉄媒染で老竹色を染められる。

蓬染めの媒染による色の違い

蓬色よもぎいろ
葉、茎 / 銅媒染(Cu)
C20,M47,Y00,K59
R83,G104,B55
海松色みるいろ
葉、茎 / 鉄媒染(Fe)
C00,M06,Y44,K58
R102,G108,B061
淡黄たんこう
葉、茎 / アルミ媒染(Al)
C00,M12,Y60,K08
R234,G205,B093
萱草色かんぞういろ
葉、茎 / チタン媒染(Ti)
C00,M18,Y52,K08
R234,G191,B113

arrow