正藍染〔蓼藍〕しょうあいぞめ

Japanease indigo dye

和名タデアイ(蓼藍)
別名あい あいたで あいそう
英名Japanese indigo plants
学名Persicaria tinctoria
科名属名タデ科/イヌタデ属
分布本州の東北南部、以西の太平洋側と四国、九州の低山帯・平野部
品種小上粉 百貫 千本 小千本
特徴一年草 茎/赤色,黄緑色 花/白色,薄紅色 葉/幅広の披針形
染色部位生葉 乾燥葉
染色時期7-9月頃

秋が深まった頃、枝先に付く松笠状の実を採り、染色に使います。この実はタンニン分を多く含み、黒染の染料、皮膚の炎症を抑える薬として使われてきました。堅牢度も高く、薄茶色から焦茶色、灰色を染めています。

藍染めについて

ダミー)ここに矢車附子染めの説明が入ります。草木染めあるいは草木染(くさきぞめ)は、合成染料(化学染料)を用いた染色に対して、天然染料を用いた染色を区別するために生じた呼称。
昆虫から得られるコチニールのような植物由来の染料でなくとも天然染料で染めること、または染めたものを草木染めという。タマネギや落花生の皮のような家庭で生ゴミになってしまうものも染料として使用されている点で家庭的な面がある。

代表的な色合い

灰色鼠色はいいろねずみ
アルミ媒染
灰色鼠色はいいろねずみ
アルミ媒染
灰色鼠色はいいろねずみ
アルミ媒染
灰色鼠色はいいろねずみ
アルミ媒染
灰色鼠色はいいろねずみ
アルミ媒染
灰色鼠色はいいろねずみ
アルミ媒染

工程

ダミー)ここに矢車附子染めの説明が入ります。草木染めあるいは草木染(くさきぞめ)は、合成染料(化学染料)を用いた染色に対して、天然染料を用いた染色を区別するために生じた呼称。
昆虫から得られるコチニールのような植物由来の染料でなくとも天然染料で染めること、または染めたものを草木染めという。タマネギや落花生の皮のような家庭で生ゴミになってしまうものも染料として使用されている点で家庭的な面がある。

arrow