五倍子染ふしぞめ

Chinese sumac dye

和名フシ(五倍子)
別名染料:五倍子樹 勝つ木(かつのき) 耳附子(みみふし)植物:ヌルデ(白膠木)
英名染料:Japanese galls 植物:Chinese sumac
学名Rhus javanica L.
科名属名ウルシ科ウルシ属
分布東南アジア 東アジア各地 日本全国
品種ヌルデ
特徴落葉性小高木(5-6m) 葉/緑色,奇数羽状複葉 樹皮/灰褐色 果/球果,楕円状
染色部位虫癭(ちゅうえい,ヌルデシロアブラムシが寄生しできた虫こぶ) 葉
染色時期虫癭の採取:通年 葉:10月頃

ヌルデ、五倍子の特徴

ヌルデの木に出来た虫瘤を〔五倍子〕と呼び、染色、薬用に使います。咳止め、消炎、皮膚炎に良いとされ、平安時代には黒色を染め、お歯黒の原料にもなりました。この虫瘤を用いて藤鼠色、青灰色、紫鼠色などを染めています。
桜染め 御衣黄 桜
ダミー文章。

五倍子染めについて

ヌルデの木に出来た虫瘤を〔五倍子〕と呼び、染色、薬用に使います。咳止め、消炎、皮膚炎に良いとされ、平安時代には黒色を染め、お歯黒の原料にもなりました。この虫瘤を用いて藤鼠色、青灰色、紫鼠色などを染めています。
桜染め 方法 抽出
ダミー文章。

草木染め方法

媒染法を用いて染色をする。
ステンレス製の鍋にヨモギを10cmほどにカットしたものと少量の石灰、水と煮煎する。
120分ほどしたら布で濾しさらに3~4回程煎液を抽出する。
植物繊維を染める際は豆汁などで下染めをする。先媒染法によるアルミ媒染の後に、染色を何度も繰り返し染め上げていく。アルミ媒染で黄色、銅媒染で若竹色、鉄媒染で老竹色を染められる。

五倍子染の媒染による色の違い

桜色さくらいろ
小枝、蕾 / アルミ媒染(Al)
C00,M27,Y27,K0
R255,G178,B178
花葉色はなばいろ
樹皮 / アルミ媒染(Al)
C00,M17,Y34,K00
R255,G211,B168
淡黄たんこう
芯材 / アルミ媒染(Al)
C00,M08,Y44,K03
R248,G229,B140
灰鼠色はいねずいろ
芯材 / 鉄媒染(Fe)
C00,M00,Y03,K13
R221,G220,B214

 

arrow