桜染さくらそめ

Sakura dye

和名
別名みねばり
英名Japanese Green Alder
学名Alnus firma
科名属名
分布本州の東北南部、以西の太平洋側と四国、九州の低山帯・平野部
品種
特徴
染色部位
染色時期

桜色を布に咲かせるこれまでの桜染めは、桜で染めているかと言えばそうではなく、一般的にはやさしい花の色を表現するのに紅花で赤く染めた布の上に白い布を重ねる“桜重ね”という手法や、茜で薄く染めたものを桜染と言っていました。つまり、桜だけで染めた“桜色”ではありませんでした。その理由は、桜の木の染料の中にはオレンジやベージュが多く含まれていて、ピンク色だけを取り出すことが技術的に不可能だったからです。また、昨年きれいなピンク色に染まった同じ桜の木だからと思って今年も染めると、昨年とはまったく違う色に染まることがよくあるからです。

桜染めについて

ダミー)ここに矢車附子染めの説明が入ります。草木染めあるいは草木染(くさきぞめ)は、合成染料(化学染料)を用いた染色に対して、天然染料を用いた染色を区別するために生じた呼称。
昆虫から得られるコチニールのような植物由来の染料でなくとも天然染料で染めること、または染めたものを草木染めという。タマネギや落花生の皮のような家庭で生ゴミになってしまうものも染料として使用されている点で家庭的な面がある。

代表的な色合い

灰色鼠色はいいろねずみ
アルミ媒染
灰色鼠色はいいろねずみ
アルミ媒染
灰色鼠色はいいろねずみ
アルミ媒染
灰色鼠色はいいろねずみ
アルミ媒染
灰色鼠色はいいろねずみ
アルミ媒染
灰色鼠色はいいろねずみ
アルミ媒染

工程

ダミー)ここに矢車附子染めの説明が入ります。草木染めあるいは草木染(くさきぞめ)は、合成染料(化学染料)を用いた染色に対して、天然染料を用いた染色を区別するために生じた呼称。
昆虫から得られるコチニールのような植物由来の染料でなくとも天然染料で染めること、または染めたものを草木染めという。タマネギや落花生の皮のような家庭で生ゴミになってしまうものも染料として使用されている点で家庭的な面がある。

arrow