柘榴染ざくろぞめ

Pomegranate dye

和名ザクロ(柘榴)
別名石榴 若榴
英名Pomegranate
学名Punica granatum
科名属名ミソハギ科ザクロ属
分布本州以南
品種水晶ザクロ 大紅ザクロ ヒメザクロ
特徴落葉小高木 葉/対生,楕円形 花/鮮紅色,六花弁 果実/果肉(仮種皮)
染色部位果皮 石榴果皮(せきりゅうかひ) 葉
染色時期

柘榴の特徴

元々パキスタンやイランに野生し、平安時代に日本にわたってきた植物。赤い実が多い事から、子孫繁栄、豊穣の象徴として大切にされてきました。漢方薬として、樹皮は痛み止め、根は虫下し、実は疲労回復薬に使われました。染色には果皮を使い、古来より黒染めの染料としてよく用いられました。ベージュや黄色、独特の青味がかかった緑色も染められます。
ザクロ 柘榴染 実
柘榴の果実は9~10月に収穫できる。染色には果皮を用いる。乾燥させたものを石榴果皮(せきりゅうかひ)と呼ぶ。
ザクロ 柘榴染 実
柘榴の葉でも染めることが出来る。アルミ媒染で黄色に発色する。
ザクロ 柘榴染 実
乾燥させた樹皮は石榴皮(せきりゅうひ)の名で漢方に用いられる。

柘榴染について

草木染め 石榴 方法
石榴果皮(せきりゅうかひ)と染色された綿生地。

草木染め方法

媒染法を用いて染色をする。
ステンレス製の鍋に乾燥した果皮と水をいれ火にかけて沸騰させ煮煎する。60分ほどしたら布で濾し、できた煎液を染色原液として使用する。2回程煎液を抽出できる。
植物繊維を染める際は豆汁などで下染めをする。先媒染法によるアルミ媒染の後に、染色を何度も繰り返し濃色に染め上げていく。

柘榴染の媒染による色の違い

天鵞絨びろうど
果皮 / 鉄媒染(Fe)
C39,M00,Y19,K55
R070,G115,B093
芥子色からしいろ
果皮 / 銅媒染(Cu)
C00,M116,Y72,K15
R218,G195,B062
黄色すおういろ
葉 / アルミ媒染(Al)
C00,M02,Y52,K04
R244,G238,B118
薄黄色うすきいろ
果皮 / アルミ媒染(Cu)
C00,M03,Y36,K03
R247,G240,B159

arrow