正藍染〔蓼藍〕しょうあいぞめ

Japanese indigo dye

和名タデアイ(蓼藍)
別名あい あいたで あいそう
英名Japanese indigo plants
学名Persicaria tinctoria
科名属名タデ科/イヌタデ属
分布本州の東北南部、以西の太平洋側と四国、九州の低山帯・平野部
品種小上粉 百貫 千本 小千本
特徴一年草 茎/赤色,黄緑色 花/白色,薄紅色 葉/幅広の披針形
染色部位生葉 乾燥葉
染色時期7-9月頃

タデアイの特徴

桜染め 御衣黄 桜
ダミー写真、文章。

藍染めについて

古来、中国から伝わり、江戸時代には庶民の色として親しまれました。殺菌作用が強く、染めた衣服で皮膚病や毒虫を防ぎました。小上粉、百貫、千本などの様々な品種があり、現在では徳島や宮崎、北海道などで栽培されていますが、年々生産量が減少しています。MAITOでは、江戸時代より特上と評された、徳島産の小上粉の藍草を発酵させた〔すくも〕を主に使い建染めで染め重ねています。
桜染め 方法 抽出
ダミー写真、文章。

藍の色素

インディゴ色素は

スクモについて

蓼藍を育てる

沈殿藍を作る

藍建ての方法

方法は還元菌を使った≪発酵建て≫と還元剤を使った≪化学建て≫の二種類に分別できる。

藍の色名

よもぎいろ
葉、茎 / 銅媒染(Cu)
C20,M47,Y00,K59
R83,G104,B55
みるいろ
葉、茎 / 鉄媒染(Fe)
C00,M06,Y44,K58
R102,G108,B061
たんこう
葉、茎 / アルミ媒染(Al)
C00,M12,Y60,K08
R234,G205,B093
かんぞういろ
葉、茎 / チタン媒染(Ti)
C00,M18,Y52,K08
R234,G191,B113

arrow